月別アーカイブ: 2015年2月

大好きなみなさま

先生が言った。
「もう少し自分の病気に興味持ってください。
今まで興味なかったでしょ?
白血球の事も気にしてください。」

むむ。
なかなかスルドイ先生なのだ。。

自分に興味。。。

私は自分の事をどれくらい知っているんだろう?

何が好きで
何がキライで
何を本当はしたくて
何を本当はしたくないのか?

昨日髪を切った。
バッサリ30センチ。
20年ぶりに。

ハサミを入れてもらう時こう言った。
「髪ちゃん、今まで一緒に生きてくれてありがとう」
.
.
.
美容院に行く時間すら惜しんで
ロングにしてた。

ショートにしたら三週間に一回は美容院に行かないといけない。
それがわかっていたから。

美容院は仙台に決めた。

ちゃんと私が帰ってくるように笑。

なじみのオーナーさんは3年ぶりに行ったのに
3時間半もかけて
ていねいにていねいに
自らカラーもシャンプーもカットもマッサージもしてくれた。

とっても優しく大切に扱ってくれた。

すごーーーくいい気持ちだった。
.
.
.
大切にされることを思う存分受け取ろう。

心から大切にして、
遠慮なく大切にされよう。。

を介して投稿されました DraftCraft app

ツイートツイート

出会ってくださった全ての方に。。

『5DAy Gratitude
〜出会ってくださった全ての方に〜』

*********************
毎日3つ、今感謝していることをFacebookに書き出し
最後の日(5日目)に次の方を指名します。
*********************

今まで生きてきた52年の間に
いったいどれだけの人たちに出会ってきただろう。

特に美塾を始めてからの6年は
加速度的に出会いがふえた。

その出会いの中で
「感謝しています。」
という言葉をたくさん使ってきた。

でも
それはうわっつらだった。

感謝などという言葉では言い表せない気持ちが
存在することに、ようやく気付いた。
.
.
.
.
「祈っています。」
という言葉もたくさん使ってきた。

祈っていますと言いながら、祈りをささげなかったことも正直ある。

今回本当にたくさんの方に祈っていただいて
「祈り」が届くことを知った。
.

.

「ありがとうございます」
という言葉も平気でたくさん使ってきた。

有り難い。。
本来なら、ないことなんですよね。
.
.
.

言葉を超えた想いを
どうしたらあなたに届けられるでしょうか?

を介して投稿されました DraftCraft app

ツイートツイート

不立文字教外別伝

『5DAy Gratitude〜万物〜』

昨日、
玄関のチャイムが鳴り、出てみると
立っていたのは大阪の心友でした。
びっくり仰天しました。

震災後一ヶ月で大阪に行った時
空港で待っていてくれたのも彼女でした。
「おかえり」というプラカードを持って。

今でもあの時の光景を思い出すと泣いてしまう。
私がピンチの時、そっとそばに寄り添ってくれる友。

夕べはアロマの香りと彼女の大きなあたたかい手に癒されながら眠りました。

*********************
毎日3つ、今感謝していることをFacebookに書き出し
最後の日(5日目)に次の方を指名します。
*********************

入院中、朝が来るのが待ち遠しかった。

ブラインドのすきまから
夜の終わりと朝の始まりをいつも見ていた。

夜が明けてくると、私は食堂に行く。

14階にある東向きの食堂には大きな窓がはめ込まれていて街が一望できた。

ある日
ビルの向こうの山に水色とピンクの雲がたなびき
生まれたての真っ赤な朝日が
静かに昇っていくのを見た。

近くのビルが観音様に見えた。

私は手を合わせた。

こんな景色を見せてもらえるなんて
なんてありがたいんだろう。

胸の中がヒタヒタと何かに満たされていった。
.
.
.

友が言った。

「そういうのをね

不立文字 教外別伝
(ふりゅうもんじ
きょうげべつでん)っていうんだよ。

大切なことは、文字にはあらわせません。
だから別に伝えますよ。

と、神様、仏さまがいつも
この大自然をとおして教典を下さるんだね。」
.
.
.
.

ある日は満月だった。

大きな大きな輝く月。

病室の灯りを消すと、月の光はまっすぐに病室に飛び込んできた。

なんだかわからないけど、涙が出てきた。
そして
泣きじゃくった。

病気に対する後悔でも淋しさでも悔しさでも悲しさでもない。

嬉しさや感動とも違う。

何かが私を震わせていた。

を介して投稿されました DraftCraft app

ツイートツイート

一緒にいない時も一緒にいてくれてありがとう。

『5DAy Gratitude〜友〜』

今朝、白鳥が私の家の上空を飛んで行きました。
綺麗なV字を作って。
一旦、北海道まで飛んで、仲間と合流し、4月にシベリアに向かうそうです。
あんな重そうな体で良く長いこと飛べるわね。
.
聞くところによると白鳥には先発隊がいて
シベリアの氷が溶けたか確認して、仲間に教えるために再度帰ってくるそうです。
すごいなぁ。。
私が白鳥だったら、先発隊、志願しそうだなぁ笑。
.
全員が無事ふるさとに帰れますように。。
.
*********************
毎日3つ、今感謝していることをFacebookに書き出し
最後の日(5日目)に次の方を指名します。
*********************
2015.2.4
放射線治療をするために東北大学病院に転院した次の日
東京から心友たちが来てくれた。
.
.
.
大阪の友も含めみんな毎日のようにメールをくれた。

絶食していた時「おっきな白いおにぎりが食べたーーーい」とメールすると

「私も今日からおにぎり断ちするからね」と言ってくれた。

私が好きな黒柴の写真をネットから探して送ってくれた。

自ら祈りを捧げ、ある方に祈りをお願いしてくれた。

美味しいお水を4リットルも!重かったろうに届けてくれた。

私が希望を持てるよう明るい話をしてくれた。

いつもと同じように相談事も打ち明けてくれた。
.
.
.

入院中は本当は誰にも会いたくなかった。

密かに主人には
「もし誰かに聞かれても入院先を教えないでね」と言っていた。

元気じゃなくちゃ佐佐木順子じゃない。

こんな姿を誰にも見せたくなかった。

それが私のプライドだった。

二人は、私の最後の砦をいつもと同じ笑顔で、ガラガラ崩してくれた。
.
病室で
自らも大病して人生を再スタートさせた友が言った。
「これはね、後からネタになるよ。だから写真撮っておこう。」

???
奇想天外な友人は
絶対写真に残しておきたくないと思っていた私にカメラを向け
私はピースする羽目になった。

おまけに「三人で写真撮りたいよねー。」
と入院患者にシャッター押すのを頼もうとする。
押しとどめ、なぜか私がみんなと一緒の写真を自撮りする羽目に。

二人の写真も篠山順子は構図も笑顔もこだわるので震える手で何枚も撮った。
(写真はその時撮ったもの)
.

今見ても思う。
なんてパワーに満ち溢れていて、美しく、いい笑顔なんだろう。
.
このエネルギーを私にわけに来てくれたんだね。
.
.
.
気づいたら私も笑顔になっていた。

二週間ぶりに声を出して笑っていた。

どんな私でもいいんだ。

ふいにそう思った。

元気じゃなくても、どんな姿でも。。
.
.
.
会えるかどうかわからないのに
たった30分のために4時間かけて来てくれた友。

もしあなたに何かあったら
あなたがどんな姿でも遠慮せず会いに行くね。

そしてあなたがしてくれたように
いつも通りの冗談を飛ばすね。

一緒にいない時も
一緒にいてくれたあなたに心から感謝しています。
.
.
.

を介して投稿されました DraftCraft app

ツイートツイート

母の愛は大きくてまっすぐだった。

『5DAy Gratitude〜母〜』

毎日3つ、今感謝していることをFacebookに書き出し
最後の日(5日目)に次の方を指名します。
*********************

2015.1.28
今日は母が来た。

来るなり

「かわいそうに。。」

と、わたしの手を握った。

(やめてよ。
泣いてしまうじゃない。)

第一波はなんとかごまかした。

第二波がダメだった。

「どら!
マッサージしてやるから。」

私は布団につま先をきつくあてて
しなくていい!と抵抗した。

「遠慮しないの!」

布団を引き剥がすと私の足のマッサージを始めた。

決壊。。

私はボロボロ泣いた。

私はなんだって母に足を揉ませてるんだろう?という申し訳なさと、
あたたかくて大きな母の手のぬくもりが嬉しかったのと、
笑っちゃうぐらいヘタクソなことと
ごちゃまぜになって。

私が横を向くと背中や腰をさすりにくる。

私の体を触ってなんて思うだろう?

母が言った。

「大丈夫!浅丘ルリ子は37kgだったから。」

ブハッ!何その対象?
笑いが止まらない。
.
.
.
.
絶食なのに
ゼリーなら大丈夫じゃない?
と、山ほど買ってくる母。

花は「気」をくれるからね。
今は花から「気」をもらわないと。
と言って病室中を花だらけにして看護師さんに怒られている母。(写真はその時の花の一部)

しゃべれないのに
話しかけてくる母。

個室だからいいね。
と声がでかい母。

ときおり
自分のジョークに自分で笑ってる母。つられて笑う私。

ちょっと〜
笑うのも体力いるんだからね笑。

疲れるから来なくていいと言う私に
母が言った。

「病院を後にして疲れて家に帰って来ても、朝が来ると行かなくちゃと思う。
あんたが死んだら私は廃人になってしまう。
元気になってもらわなくちゃ困る!

それくらい、あなたは私にとって大切な存在なんだからね。」

母の愛は大きくてまっすぐだった。

「お母さん。ごめんね。これから、たくさん一緒に過ごそう。」

を介して投稿されました DraftCraft app

ツイートツイート

死ぬ前に後悔するとしたら、、、

『5DAy Gratitude』

毎日3つ、今感謝していることをFacebookに書き出し
最後の日(5日目)に次の方を指名します。
*********************
1月に山下員子さんからいただいた感謝のバトン。
ずいぶんUPが遅くなってしまいました。
でも、今だからこそ
とてもタイムリーな感謝のバトンでした。
**********************

,
「命の危険があるから今すぐ大きな病院に行ってください。
紹介状書きますから。」

と主治医に言われた時

まっさきに思ったのは
.
.
.
.
.
主人のことでした。

『まだ死ねない。

私は主人孝行していない。』





待合室でただ泣きました。

私が死ぬ前、後悔するとしたら
このことでした。

もっと一緒にいて、普通にご飯食べたり
マロと散歩したり、お弁当を作ったり
お天気を気にしたり、庭に芽を出した草花の話をすればよかった。

そう思いました。
,


私が入院すると、主人は毎日来てくれました。
ずっと私を気遣ってくれています。
いつもと変わらぬ優しさで。。
.
.
.
マヨネーズの空き瓶(人生)に何を入れるか?という話があります。
http://ilovecoffee.jp/posts/view/112

主人はまずゴルフボール(家族、子供、友人、健康など)を入れ
小石(仕事、家、車)を入れ
砂(その他の小さなこと)を入れ
コーヒーを二杯(友人と一緒にコーヒーを飲むゆとり)まで入れていました。

私はまず小石(仕事)を8割入れ、砂とコーヒーを入れました。
ゴルフボールはいつもはみ出して、フタが閉まらなかったのです。

今朝もわたしは
朝5時に目覚めました。
お弁当を作り
朝ごはんの用意をしていると
主人が「朝日がきれいだよ」と言いました。
見ると真っ赤な太陽が昇ってくるところでした。
私は生かされていることに感謝して
お天道様に手を合わせました。

それから二人でNHKのマッサンを見ます。
涙腺が弱くなって、なんだかいつも涙ぐみます。

当たり前の普通の暮らしを今しみじみと満喫しています。

それもこれも主人がいてこそです。

です。

を介して投稿されました DraftCraft app

ツイートツイート

3月16日に復帰いたします

『3月16日に復帰いたします』

庭のモミジで つがいの山鳩が
羽根を休めています。

春のはじめの雪

ボタン雪がもっつもっつ降っています。

私はおうちの中でぬくぬく。

ごめんね。

ふたりなら寒くないよね?
.
.
.

さて

復帰を 3月16日に決めました。

あとは復帰に向ける私の「氣」が
体を整えてくれるでしょう。

美塾とパナシア癒しのエクササイズの新日程を
延期させていただいた皆様に順次メールさせていただいています。

ご迷惑おかけいたしましたこと、

本当に本当に申し訳ありません。

延期のお知らせにも、気長に待ちます、

何も気にせずゆっくりおやすみしてください

など

あたたかいメッセージの数々

を頂戴しましたこと、本当に感謝申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

を介して投稿されました DraftCraft app

ツイートツイート

私を大切にすることは、大事なあなたを大切にすること

『私を大切にすることは
大事なあなたを大切にすること』

おかげ様で
来週の予定でしたが、退院させてもらえました。

ヨード制限食を続けることと、おとなしくしていることを条件に笑。

入院中は、本当にたくさんのみなさまに支えていただきました。

ご心配おかけいたしまして本当に申し訳ありません。

あたたかいお言葉、励ましのお言葉を
本当に本当にありがとうございました。

3週間ぶりに家に帰ると

お花と寄せ書きと


お会いしたいです。

>http://youtu.be/T-jyIEkuAn0
が届いていました。

大好きな生徒様方からでした。

みんなの笑顔と
優しい言葉と
愛情に

胸がいっぱいになりました。。

お見舞いやお葉書をお送りくださったみなさま
メッセージをくださったみなさま
愛いっぱいのお叱りの手紙をくださったあなたさま
東京から会えるかもわからず、駆けつけてくれた
心友
祈りを捧げてくださったみなさま

心より
感謝申し上げます。

死線をさまよい
その間
そばにいた主人と両親に身の縮む思いをさせてしまいました。

どこか刹那的で、いつ死んでも悔いはないなんて思っていましたが

私は私だけの体ではないと骨身に沁みました。

わたしを大切にすることは
大事なあなたを大切にすること

でした。

これから復帰に向けて、
養生しながら体力の回復に努めて参ります。

そして

もう少し元気になったら

まっさきに

大好きで大事お会いしたいです。

/>お会いしたいです。

を介して投稿されました DraftCraft app

ツイートツイート