願望メイクでは綺麗になれないのです

『願望メイクでは綺麗になれないのです』

@東京美塾中級卒業おめでとう!!

〜アイメイク〜
カテゴリに合うかどうかだけでなく
自分の肌ツヤに合うか?
自分の肌の色に合うかどうか?
発信する目か受け取る目か?
トータルで見たときそれが映えるか?
深みと明るさどっちが魅力がアップするのか?

可愛く見られたいからと可愛い色のシャドウを使っても映えない人がいます。
シャープに見られたいと暗めなシャドウを使っても映えない人がいます。

でも中級クラスぐらいになるとつけ方が上手になる分なんとなく似合って見えたりします。

自分すらもごまかされる不思議。

そんな時
同じ美の基準の人に客観的に見てもらうって大事よね。
それは自分を客観視することにもつながるから。

それぞれが今後の自分をリアルにイメージ。
まるでその日にその場所にいるかのような
イメージ通りのメイクができました。

十人十色。

みんなちがってみんないい
金子みすゞさんの詩を
まさに体現した
心も晴れやかな貴女を見せてくれてありがとう!

私も幸せです。

✳︎

を介して投稿されました DraftCraft app

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です